音痴 直す

音痴を直す為のトレーニング

音痴の種類は歌っていて自分は音痴だとかこの音程が外れたと自覚できるタイプと、自分ではちゃんと歌っているつもりでも周囲のひとから音痴だと指摘されるタイプがあります。
この2つのタイプにはかなりの音痴度の開きがありますから、音痴を直すためのトレーニングも大きく違ってきます。
歌うのには喉の声帯(筋肉)が振動し、その振動が口の中で増幅されて歌声になりますが、この原理は会話と同じです。
ですから、この最初の喉の声帯が思うように振動してくれないと自分がイメージしていた音程が口に伝わりません。
また、会話に発声法があるのと同じで歌う時にも歌うための発声法があり、その発声法で声帯を訓練することでうまく音程を操れるようになるのです。
それから音痴は環境や歌いなれていない歌によっても緊張と言う状況で起きてしまうこともあり、緊張すると声帯が締まってしまいスムーズに発声出来なくなることがあります。
そして、このタイプの音痴は本当の音痴とは程遠いものですから、ボイストレーニング次第で見違えるように歌うことができるようになります。
しかし、ボイストレーニングでいくら声帯を柔軟にしても、自分の歌声を自分の耳で判別できなければ一体自分の歌声がちゃんと音程に合っているか外れているかを識別できませんから、耳の機能も重要になります。
もし難聴などの聴覚障害があると、音程も定まりませんしリズムもとれなくなりますから、このような場合は耳鼻咽喉科の診察を受けることをお勧めします。
次に会話と歌では基本的に呼吸方が違うことを憶えておきましょう。
歌う時の呼吸法が正しくないと、途中で息切れがして音程が外れたりリズムをキープすることが出来なくなる場合があります。
正しい発声法と正しい呼吸法が音痴克服トレーニングの基本です。
普通に会話をしている時、私たちは無意識の呼吸をしていますが、いざ歌うとなると俄然呼吸を意識するものですが、自己流で呼吸法をマスターできる人はそうは居ないと考えましょう。
それから、歌う曲目や歌詞によっても呼吸の仕方は変わってきますから、曲のメロディと歌詞を良く理解することも音痴を直すのに大切なことです。
また、呼吸法は声帯にも関係しますから間違った呼吸法では声帯を自在に操ることが出来ません。この状態を俗に「喉が締まる」と言い、この喉が締まったままで歌っている人が多いことも自覚しましょう。
プロ歌手の喉は締まりませんし、だからこそプロになれるのです。
もう一つ、音質の問題がありますが、歌声は声帯の振動が口の中と言う場所で共鳴し、鼻腔も影響して音質が決まりますから、人はそれぞれの音質を持っています。
物真似がうまい人は声帯も柔軟ですし、巧みにこの口の中と鼻腔を変化させることが出来るのです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】