声量 トレーニング

声量を出すトレーニング

カラオケではマイクの感度の良く、エコーが良く利きますからちょっとした歌手気分になれなすが、基本的に声量が無いと物足りなさを感じる人が居るようです。
日頃、会話は頻繁にしていても歌う機会が少ないと喉の声帯は半分眠っていますし、声量を大きくするために声帯を振動させる息の量や速さが歌う時の発声についていけません。
人間の声質は会話の時と歌う時ではがらりと変わるものですが、これは声帯の振動とそれを増幅する口や鼻などの器官が形を変えるからです。
何故形が変わるのかと言いますと、それは息の量と速さが変わるからです。
端的に声量を増やすポイントは2つあります。
すなわち、それは声帯を大きく振動させることと、口の中などの共鳴を使って声帯からの音を増幅させることです。
音は空気の振動ですから声帯を大きく振動させれば声量が大きくなります。
そして声帯を大きく振動させるためには腹式呼吸で出来るだけ多くの空気を体内に取り入れて、その空気を強く吐き出して声帯に当てるのです。
この時に声帯を閉じる筋肉力が弱いと空気が抜けてしまいますからこの筋力も強くなくてはなりません。
もし大きな声を出すと喉が痛くなるようなら、この筋力の限界を超えているか正しい呼吸と発声ができていないからだと考えましょう。
このように、声帯に負担をかけない声量で正しい発声の感覚を会得して、少しずつ呼吸法や発声・共鳴の練習を続けて行くことで、声量を上げても声帯に負担がかからない状態を保てるようにトレーニングをして行きましょう。
大きな声とは別にハミングの練習がありますが、ハミングは声帯の振動を口などで共鳴させるのには効果がありますが、いわゆる声をつくりあげるのには向いていないでしょう。
そして、付け加えますが豊かな声量で歌うのにはそれなりの体力が必要で、お腹が空ききったような状態では体力がついていきませんから、健康維持には気を配りましょう。
ただし、これは太れば声量が大きくなると言うことではありませんから誤解の無いようにしてください。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】