音痴 直す

音痴は直るのか

カラオケは勿論のこと結婚式の披露宴などでも歌は会場を盛り上げるのに大切な役割があります。
この両方ともに歌のうまい人やグループはそれなりに評価をされますが、そうでない人も居ます。
この場合の歌がうまい、下手には大きく分けて二つの評価があります。
うまい歌には音程もしっかりしていて声もとおるのですが聴く人のハートに来ない歌と、胸を打つような本当の意味でうまい歌があります。
そして、音程が時々おかしくなるし、リズムもはずれるのですが、聴いている人の心に訴える歌を歌う人もいます。
これは音痴かそうでないかの以前に「歌心」があるか無いかで、本当はこれが歌では一番大切なことなのです。
ですから人から音痴だと指摘されたり自分は音痴だと自覚している人で、でも歌心があると評価される人は音痴が直れば聴く人の胸に沁み込む歌を歌えるようになるでしょう。
さて、音痴とはメロディのそれぞれの音を正確に歌えない(音程からはずれる)とか、それは大丈夫なのですが歌のリズムに合わせることが出来ないリズム音痴の二つに大別されます。
では、何故音痴なので、その音痴は直すことが出来るのでしょうかという質問の答は簡単ではありません。
つまり直るとも言えますし、完全に直ると確約も出来ないのです。
音痴にも二通りの音痴があります。
多くの場合は、耳では自分で分かっていても喉が思うようにならなくて音痴になる発声音痴ですが、この場合は喉のトレーニング(発声法)で殆ど直すことが出来るでしょう。
しかし、幼少の頃に音痴の人の歌を聴いて育ったりすると、脳がそれが正しいと憶えこんでしまいますから本人はそれに気づかないという音痴もあります。
これは喉の問題ではないので音を聴く耳も関係してきます。
どうしてもその音が実は正しくないという認識ができないのですから、厄介な音痴ということになります。
では、音痴とはどのようなものなのかを考えてみましょう。
音は周波数で高さが決まりますが、この周波数には段階や切れ目はなくて下から上へ一直線に伸びています。
それを通常は12の音に区切っているのがピアノの鍵盤で、12音間の周波数の間隔を半音と言いますが、この半音ごとの音の高低は誰でも普通には聞き分けることが出来ます。
ところが半音ごとの音の高さは微妙な差ですから、いざ実際に歌おうとすると喉が訓練されていないとうまく音の高さを声で表現できないのです。
実際には半音のまた半音程度のさらに微妙な音の高低もありますから、この微妙なズレがあると正確な音程にはなりません。
したがって、この微妙な音程を喉(声帯)で自在に調節できるようになれば音痴は克服できることになり、音痴は直るのです。
一方、リズム音痴は耳と体が関係するもので、喉(声帯)とは関係ありません。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】