音痴 カラオケ

音痴になりやすい人

音痴になりやすい人は本当には居ないと考えても良いでしょう。
ただし、聴覚が鈍いと音の高さの判別が出来ない場合がありますから、このような聴覚障害がある人は音痴になりやすい以前の問題です。
私たちは日常生活の中で幼少の頃から成人しても、常に音楽に接する機会が多く、その環境の中で音楽(歌)を聴いて音感やリズム感が育って行きます。
しかし殆ど音楽に接する機会がなくて音痴になってしまう原因として、周囲、特に両親が音楽に関心が無い場合が考えられます。
学校教育での音楽だけでは足りない場合や、家で歌っていると「止めなさい」と親から止められたりする家庭も無いとは言えません。
さらに、音痴になるのは、親が可愛さあまりに歌う子守唄が音痴だと、子どもは素直にそれを憶えこんでしまいますから後天的な音痴になってしまいます。
成長の過程で、本人が正しい音程に目覚めて自分から正しい音程に接するようにしないと本当の音痴になりかねないのです。
また、自分の歌声を自分で聴こうとする気持ちが無い場合や、他人の歌声の音程に注意を払わないで、聴き流していると本当の音程を理解することが出来ませんから、自分なりの音程で歌ったりします。
音痴は声帯とか口の中、鼻腔など内部器官の感覚のズレですから、他人から音痴だと言われても耳の聴覚が働かないと実感ができません。
また、大声でがなるように歌う人もいますが、あまり大声では音程の感覚が麻痺してしまいますし、聴かされるほうには不快感があります。
ストレス発散と称してカラオケに行くタイプの人には大声音痴も多いようです。
また、自分勝手で自分は正しいと思う性格の人も実は音痴なのに自分本位ですから、いわゆる「聴く(聞く)耳持たず」で音痴になりやすいでしょう。
歌う時の音程はあくまでも客観的に聴く耳を養うようにしないと、いつの間にか音痴になりやすいことを覚えておきたいものです。
客観的な音程が表現できないのです。
後天的な音痴になりやすい人は音や音程に関して、それを聴く、それに耳を傾けない人に多いようですし、そうでない場合は自分の声帯が普段使われていないので十分に機能しないからなのです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】