音痴 メカニズム

音痴になるメカニズム

歌にはメロディ(俗に言う節)があり、色々な高さ、長さの音がこのメロディを作っているのですが、それぞれの音の高さ(周波数)を音程と言います。
音痴とは、この音程がちゃんと出せないこと(音程がとれない、と言います)なのですが、どうしてそうなるのでしょうか?
音程がとれない一つの理由は、それが正しい音の高さだと頭では分かっていて、憶えているのに声に出すとズレてしまう(外れてしまう)ことです。
頭でイメージしている音程と実際に声に出した音程が合っていないなと分かるのならば、歌う方法が音痴になる原因だと言うことですから、喉の声帯を訓練すれば正しい音程が出せるようになります。
これに対して厄介な音痴は正しい音程の音を聞いても、それを感じて覚えることができていないために音程がずれてしまうものです。
最初から正しい音程が把握できないのですから自分では音程が外れていることに気づかないですし、いくら周囲からその音程では無い、この音程だと音を出してもその人の耳では理解できないのです。
この2つの音痴タイプのどちらかを調べるのには次の方法があります。
まず、頭の中でも音の高さはイメージできますから、頭の中で歌を歌ってみましょう。
それから実際にその音を喉を使って歌ってみます。
さあ、頭でイメージしていた音程と実際に出した音程は自分で合っていると感じますか?
それとも違うと思いますか?
何となく合っている気はするけれど正確だと言い切れない場合は、誰か音痴でない人に聴いてもらいましょう。
もし、頭でイメージしたり頭では正しい音程が分かっているのにその通りに歌えないのは、喉の声帯がコントロールできないからですから、声帯を訓練することで音痴は直るでしょう。
この声帯の訓練はいわゆる発声法です。
そして、歌とか音程は喉の声帯が出す音を自分の耳で判断することが不可欠なことだと言うことを憶えてください。
音程は耳と言う聴き手が判断して、高いとか低いとかを判定し、それを脳が声帯にフィードバックしますから、耳が音程を聴き取れないと出している音が正しいかどうかは自分では分かりません。
音痴のメカニズムは、自分の喉の声帯が発した音程を判断する耳が機能していないことと、声帯がイメージ通りの音を出せないことなのです。
すなわち、喉(声帯)→ 音を出す → 自分の耳が音を判断する → その音を喉に戻す → 喉が瞬時に音を修正する、と言う流れがうまく機能しないと音程が外れて音痴になる、と言うことです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】