マイク 使い方

マイクの上手な使い方

カラオケではマイクの使い方の上手、下手が大きな鍵になります。
折角の美声も感情のこもった表現力もマイクの使い方が下手だと半減してしまいます。
マイクにはベロシティマイクやコンデンサーマイクなど色々な種類があり、指向性マイクと無指向性マイクにも分けられますがカラオケマイクだけでなくボーカル用のマイクの大部分は 指向性マイクです。
指向性(しこうせい)マイクはある範囲内(方向)の音を拾い取るようになっていますから、その方向から外れた音はマイクに届きません。
したがって、指向性マイクで歌う時にはマイクの先を常に自分の口の方へ向けることです。
また、最近のマイクは感度が高いのでマイクを口にくっつけなくても十分に歌声を拾ってくれますからマイクを齧るようなポーズはとらないようにしましょう。
立ってマイクを手に持っている場合は、マイクを床と平行に持つようにしましょう。
さらにマイクに自分の声をぶつけるのではなく、マイクの向こう側へ声を響かせるつもりで歌うと声量のない人の歌声も十分にマイクに響きます。
マイクに向かって歌うと、音圧が強すぎて声が割れる原因になりますし、かえって歌声が小さくなってしまうものなのです。
また、歌っている時に声量を出す時にはマイクと口の位置を少し離したりして声が割れるのを調節するように気をつけましょう。
しかし、マイクの感度が良いからといって小さな声で歌うのも考え物です。
声量はあるのに越したことはありませんから、マイクと声を出す口との位置関係を微妙に調節するほうが良いでしょう。
そして、カラオケが上手になるためにはエコーをかけないでの練習が大切です。
エコーをかけると歌がうまく聴こえるものですが、本当に歌が上手な人はエコーを当てにはしません。
本番ではエコーをある程度かけますが練習ではエコーをきることをお勧めします。
それは本当の歌唱力がエコー無しだと分かるからです。
また、マイクがオンになっているかどうかを歌う前に確認し、歌い終わったらオフにしましょう。
そしてマイクはデリケートですから取扱いには十分注意してください。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】