高音 トレーニング

高音を出すトレーニング

カラオケの曲でかなり高い音程を出さなければ歌いこなせない曲がたまにはあります。
人間は面白いもので自分が好きな歌でしかも自分の音域では歌えない曲を何故か歌いたくなるものなのです。
さあ、それではとボイストレーニングに挑戦することになります。
その前に発生の基本・仕組みについて考えてみましょう。
会話も歌も同じですが声を出す仕組みは声帯を息で振動させて音を出すということです。
振動が速ければ高く、また遅ければ低く響きます。
また、振動は大きければ強く、小さければ弱く小さい音に響きます。
私たちは無意識にこの仕組みを使って低い声、高い声、大きい声、小さい声を出しているのです。
そしてこのように音の高低・強弱をコントロールしているのが脳の神経とそこからの指令を受けて動く声帯の筋肉です。
また、発声のためには腹筋、背筋、首、肩などの筋肉の働きが必要になりますし、喉のなかの空間の広さも声の音質に関わって来ます。
さらに母音と子音によって高音が出せるか出せないかも決まります。
ところで人間の声には、地声、 裏声、ハーフミックスボイスの3種類があり、人によって出せる音域の一番低い音が決まっています。
そして、低い音域をさらに低くすることは難しいのですが訓練次第で高域は伸ばすことができます。
しかし、地声で声帯の制約がありますから高域を伸ばすのは極めて難しいことのようです。
まず歌う時の呼吸では、息をはくのが重要で、息を吸うのはその後の課題です。
勢い込んで息を吸い過ぎるのは余分な筋肉を使い、実際に肺に入る量も逆に少なくなります。
そして息を吐くのには腹筋の使い方がポイントになります。
息を吐く時には腹筋の力で出す息の量やスピードを調整するのです。
さて、低い地声から少しずつ高い方に行くと必ずどこかで限界が来ますから、その上の音を出すのは裏声(ファルセット)なのです。
そして高音を出すのにはこの裏声の発声法が極めて重要なのです。
元来裏声は地声に比べると弱くなりますが、その弱い裏声をいかに太くしてあたかも地声のように聴かせるのが高音を出す秘訣なのです。
裏声で発声している時は喉が締っていませんが、ここが高音を出すポイントで、これをミックスボイスと言います。
この弱い響きの裏声を喉の状態を保ちつつ地声に移行し続けると喉が少し締りますが、初めの裏声よりも強い響きに変わる所があり、それがミックスボイスなのです。
そこに来たらそのまま地声の音域まで下げて行って地声に変えることができれば、広い声域で歌えるのです。
つまり高音は地声の延長の太く大きい裏声なのですが、ミックスポイントを訓練することが肝要なので、このポイントを掴むことが高音を出すトレーニングだと言えるでしょう。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】