カラオケ 歌う

カラオケで歌うコツ

カラオケが苦手な人も忘年会や新年会、結婚式の披露宴、送別会や歓迎会などで歌わざるを得ない場面が必ずありますが、カラオケを上手に歌うコツさえ知っていれば安心ですね。
基本的にそういう人は常日頃あまり歌っていないでしょうから、まず歌い方の前に気持ちを落ち着かせましょう。
そして、カラオケの伴奏のメロディとリズム(拍子)を良く聴いて歌うことです。
また、出来るだけ自分が歌いやすい曲を選ぶことも大切で、覚えたての歌や高音や低音が沢山でてくる曲、テンポの速い曲、遅い曲、リズムが複雑な曲は歌わないようにすることです。
そうでは無く、カラオケは好きだがどうも上手に歌えないという人は腹式呼吸を会得するようにしましょう。
人間はどうしても喉だけで歌い勝ちですし、息を吸うのも胸で吸ってしまいます。
この胸式呼吸法では豊かな声量は出ませんし、肺と喉に負担がかかり過ぎてしまいます。
腹式呼吸でカラオケを歌うコツとしては声を出さずに喉の筋肉を楽に開ける感覚をイメージしてみましょう。
喉の声帯が締まっていると声質も良くありませんし、声量も出ず、高音も出ません。
喉を開ける感じのイメージでは喉仏を下に下げるようにして、次に軽く腹に手を当てて腹から発声するようにイメージしましょう。
このようにカラオケで上手に歌うコツは腹式呼吸・腹式発声です。
さらに、声にビブラート(歌声を震わせる)をつけるのは昔は下手な歌い方だとされた時期もありましたが、ビブラートはカラオケを上手に聞かせるコツの一つです。
ビブラートには細かく声を震わせる方法や演歌のコブシのようなものがあります。
そしてビブラートのコツは、喉で歌声を震わせないようにして腹式呼吸で震わせるようにすることです。
言い換えれば横隔膜でビブラートの幅をコントロールするのが嫌味のないビブラートのコツです。
話は戻りますが、カラオケで上手に歌うためには自分が好きだからといって、皆が知らない曲を歌わないことも大切です。
独りよがりでは無く、聴いている人たちが知っている曲を選ぶほうが受けが良いのではないでしょうか。
またカラオケで音程を外さないようにするのには出来るだけモニタースピーカーの音が良く聞こえる位置に立つ事で、画面の歌詞ばかり見ないで自分が出している歌声と伴奏をしっかりとモニタースピーカーで聴くことを心がけましょう。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】