音痴 遺伝

音痴は遺伝するのか

カラオケなどで自分ではうまく歌っているつもりなのでしょうが、聴いていると音の高さ(音程)がメロディから外れている人はかなり居ます。
そして、それを自覚している人は音程が外れているのに思うようにならないとカラオケがストレスになりかねません。
歌を歌う場面は大概の場合は楽しむためですから、このような音痴の人はカラオケ恐怖症になりかねませんね。
以前は親が音痴だと、育った子供も音痴になってしまうというように考えられていた時期があったようですが、今では音痴は遺伝と考えるよりも、むしろ子供が育つ環境が非常に大きく影響しているとされています。
まず、赤ちゃんの五感は無垢のままですから、その時に本能的に与えられた周囲の環境をそのまま吸収していきます。
ですから、子守唄などや周囲から聞こえてくる音に赤ちゃんは敏感に反応し、それを脳が記憶していきます。
なぜ音痴が遺伝すると考えられていたかは親が歌がうまいとその子供も歌がうまい場合が多く見られて、その逆に親が音痴だとその子供も音痴であるという場合が多かったからです。
これは赤ちゃんから生育期に聞かされた子守唄や音楽を未熟な五感がストレートに吸収して記憶したからだと考えられます。
その生育期に正しい音、つまり音程を聴かされていれば成長してからも脳は無意識にその音程を出すように喉の声帯に指令をだしますし、それを耳が判断しますから、普通に歌うことができます。
ところが、その時期に音痴な大人から音程のはずれた歌を繰り返し聴かされた場合、それがそのまま記憶されてしまいます。
そう言うことから幼い頃からの生活環境が音痴に影響してくるのです。
ただし、もし耳の機能が以上を来たしている場合はいくら正しい音程の歌を聴かされても、それを判別できませんから、その場合は遺伝的な要素が無いとは言い切れないかも知れません。
しかし、人間の体は柔軟性がありますから、例え幼少の頃に音痴な人の歌い方をインプットされてしまっても、本人の耳の聴覚と脳がうまく機能して正しい音程を繰り返し聴いていれば、自分で音痴であることに気づくものです。
少なくとも、音程を聞き分ける訓練は保育園や幼稚園、小学校から上の学校で行われていますから、このように後天的に作られた音痴は少しずつ直されていくものです。
そして、音痴は生まれつきの体質的な遺伝では無く後天的なものと考えられていますから、音痴だと自覚している人や他人から音痴を指摘されて気づける人は喉の声帯のトレーニング次第で音痴は克服できると考えましょう。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】