声域 広げる

声域を広げるには

歌う時に誰もが憧れるのは低い音程から高い音程までの範囲、つまり声域が広いことと、良い音程、豊かな声量でしょう。
この三拍子プラスリズム感と表現力があれば上手な歌手です。
しかし、普通の人間の声域はそれほど広いものではなくて精々1オクターブ半といったところです。
プロの声楽家になるともっと声域は広がりますが、それでも限界はあります。
ただしここで良く理解したいのは声域が広くなくてはうまく歌えないと言うことではないことです。
歌の上手、下手と声域は一応切り離して考えましょう。
因みに1オクターブは「ド」から「シ」(ド)までの音程の範囲のことです。
そして、この声域の下から上までの声域は人それぞれで異なります。
通常男性と女性では1オクターブ半ほど声域の高さが異なります。
女性では比較的高い音程から始まって上のほうへ伸びるソプラノ、それより低い音程から始まるアルトがありますし、男性では高い音程が出せるテノール、中間の声域のバリトン、低い音程のバスがあります。
コーラス(合唱)の場合はこれらの声域の人たちが集まって歌うので、全体の声域はかなり広くなる訳です。
ところで、一人で歌うソロボーカルではコーラスとまではいかなくても広い声域があれば良いのにと思い勝ちです。
しかし持って生まれた声域を広げることはそう簡単なことではありません。
人間の声域は平均1オクターブ半と考え、稀には2オクターブ、さらにもう少し声域が広い人がいます。
プロの声楽家のように声域が広いと歌える曲が増えますから、どうしても声域を広げたいと思うのは人情でしょう。
しかし、もし2オクターブの声域内の音を自由自在に出せるとすれば殆ど全ての曲を歌いこなすことが出来るのですから十分ではないでしょうか。
そして、単純に声域を広げるよりは自分の声域内できれいに出せる音を使って歌うほうが大切なのです。
きれいな音とは声帯の開け閉めを自由自在にコントロールして喉を締め付けないようにして出す音声ですが、聴いている人には心地良く響くものです。
因みに人間の声域には限界があることは認識しておきましょう。
声域はトレーニングを積めばいくらでも伸ばせるものではありません。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】