音痴 歌いやすい曲

音痴でも歌いやすい曲はずばり、「歌手が歌っていない曲」

自分が音痴だと思っている人、歌が得意でない人でも、人前で歌を歌わなくてはいけない機会があることがあります。そんな時には、少しでも歌いやすい曲をと思うと思うのですが、音痴の人というのは、どうも音楽に未熟なためか、到底歌いやすいとは思えないような曲を歌ってしまうことがあります。

これは、音程やリズムというものがよく分かっていないために、その曲の難易度を正しく判定できていないためです。歌が苦手な人、音痴の人がそんなに難易度の高い曲を歌っては、それは大変なことになるのは目に見えていますね。

では、歌いやすい曲とはどんな曲なのでしょうか。

歌いやすい曲とは、まずはテンポが速すぎず、遅すぎず、音域の狭い曲というのが歌いやすい曲です。歌うとは、音を一つ一つ正しく定められた場所に置いてくることですので、テンポが速ければその作業の難易度は上がりますし、逆に遅すぎればボロが出やすいので、速過ぎず遅すぎない曲が理想的です。そして、音を置いてくる作業は、前に置いた音と次に奥音の距離が近い方が簡単です。ですから、あまり音程が上下するような曲はそれだけ難易度も高くなります。音域の狭い曲であれば、上の音域も下の音域も近くにあることになりますので、それだけ音を置く作業は簡単になります。また、できるだけリズムが単調な曲も歌いやすい曲です。

しかし、音痴の人はこういわれても、どんな曲の音域が狭く、リズムが単調なのかを正しく判断できない人もいます。そこで、音楽的な知識はゼロでも見分けられる、歌いやすい曲を探すポイントをご紹介します。

それが「歌手が歌っていない曲」を探すことです。例えば、モデルさん、芸人さん、女優さんなどが歌手としてデビューをすることがあると思うのですが、それらの人たちは歌うことが本業ではありませんので、楽曲を提供する側としても実力にあった難易度の高くない曲を提供するケースがあります。

そのため、「歌手が歌っていない曲」というのは、歌いやすい曲の目安になるのです。

もちろん、歌が本業ではなくても、歌がものすごく上手いという人もいますから、一概には分からないのですが、自分が歌ってみる曲として目星をつけるには、これはいい基準になります。

もう一つはアイドルグループの歌というのも、歌いやすい曲になっていう場合があります。これはアイドルというのが、歌だけで売っているわけではないので、必ずしも歌が上手いわけではないことと、グループで色々な音域の人がいても歌いやすいようにつくってあるため、一般的に発声しやすい音域で曲が作られているからです。

好きな曲と歌える曲は違いますが、好きであるにこしたことはありませんので、歌手が歌っていない曲の中から好きな曲を選んで実際に歌ってみましょう。きっと歌いやすい曲が見つかることと思います。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】