音痴 裏声

音痴憧れの裏声マスターで音痴が直る?裏声マスター必勝法

音痴な人の歌というのは、高音が上がりきらず、低音が下がりきらずというように、極端に大げさな言い方をするとお経でも読んでいるように平たんな調子になってしまうことがあります。そんな音痴さんなら、綺麗な裏声で高音を歌いこなす人のことを、羨ましいと感じることはないでしょうか。

歌の調子が平たんになってしまうのは、声の高さを調節することが上手にできていないために、非常に狭い音域でしか発声ができていないためです。それが曲に合わないために音痴な歌となってしまうわけです。これは、単純に狙った音の高さに声をもっていくということに慣れておらず、実際にはその音域まで発生ができるのに上手にできていない場合と、そもそもその音域の声を発声することができないという場合があります。前者の場合には、正しい音に声を合わせる練習をすればいいのですが、そもそもその音を発声できない場合には別のトレーニングが必要になります。

歌うことに慣れていない人は、低音よりも主に高音の音域が狭い傾向があります。声の高さはある程度生まれ持ったものという部分もありますが、鍛えることである程度の高音は誰でも発声できるようになることができます。自分が音痴だと思っている人でも、トレーニングをすれば、憧れの裏声が出せるようになりますので安心してください。

音の高さを調節するということは、無意識のうちにやっていることですが、実は喉の筋肉を使ってコントロールしていのです。

声の高さをコントロールしているのが、声帯を細長くし高音を出す輪状甲状筋、声帯を太く短くして音程を下げる甲状披裂筋、ブレスに関係する後輪状披裂筋、声量に関係する
側輪状披裂筋・披裂間筋といった筋肉です。高音を出すために必要な筋は、輪状甲状筋です。輪状甲状筋が緊張することにより、声帯が細長くなり音程が上がります。

そもそも裏声とは、輪状甲状筋と甲状披裂筋を使って音程を上げ、裏声の音域に達した時には輪状甲状筋だけを使って発声している状態のことをいうのです。

音程を支える筋肉が発達すれば、それだけ音程はコントロールしやすくなります。そして、その筋肉を鍛えるためには、裏声をマスターして裏声のトレーニングをすれば、自然に鍛えることができるのです。

裏声のトレーニングをするのに、筋肉の使い方といわれても、もちろんピンと来ないでしょう。

そんな方のために、イメージしやすい裏声の練習法があります。それが「消防車のサイレンのものまね」です。ウーっていう音がだんだん高音になり、次は下がっていきます。それをゆっくり、はじめは出しやすい音ではじめて、だんだんと高い音でできるように練習してみましょう。

この裏声練習を続ければ、輪状甲状筋は鍛えられてあなたの音痴もきっと改善されていきます。憧れの裏声をマスターしつつ、音痴改善にもしっかり取り組んでみましょう。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】