音痴 特徴

「選曲ミス」は音痴の人の最大かつ致命的な特徴です

音痴の人たちに共通する最大かつ致命的な特徴というのがあります。ここまでにも何度か触れてきましたが、音痴の人たちというのは、カラオケ等で歌う歌の選曲が音痴の人にとっては難易度の高い曲を選び勝ちなのです。

難易度の高い曲を選んでしまうのには、二つの理由が考えられます。まずは、音楽に対して未熟であるために、曲の難易度を全く判定できないケースです。自分が好きな歌でも、とても歌うことができない歌というのはあると思うのですが、音痴の人の中には、自分の音域やリズム感などを考慮して歌える歌と歌えない歌を判定できずに、比較的歌が得意な人でもあまり歌わないような歌に果敢に挑んでしまうということがあります。

また、もう一つは、自分が歌が得意でないことを十分に理解しているために、音程の高低があまりなくメリハリの少ない、語りかけるような調子の曲や、テンポがゆっくりだからという理由でバラードを選んでしまうケースです。音域の狭い曲を選ぶことも、リズムやテンポの難易度が低い曲を選ぶことも方向性としては間違ってはいませんが、語りかけるような曲、バラードというのは、粗が目立ちやすい曲でもあります。ある程度テンポがある曲に比べて、テンポやリズムのズレもすぐに分かってしまいますし、表現力がなければ下手をすればまるでお経です。

もう一つのケースとしては、歌が下手なことを隠そうとするあまり、ネタ系の曲に走ってしまうことです。これは、場の空気によってはいい方法となることもありますが、ひたすらシャウトをしたり、セリフを絶叫するようなタイプの曲は、聞いている人にとっては失笑してしまうような場合もありますので、そればかりに頼るのもできれば避けたいところです。

そんなバカなと思うかもしれませんが、このような選曲ミスをしてしまうのは、音痴の人の多くに共通する特徴なのです。

歌の上手い人は、どんな歌を歌っても上手く歌っているように感じる人はいると思いますが、歌の上手な人だって、人前で歌うカラオケで初めて歌う歌を歌う人はほぼいません。みんな一人で練習をしたり、気のいらない友人とのカラオケなどで歌ってみたりと、その歌を自分が歌えるかの判定をし、その上で人前でのカラオケなどのシュチュエーションで歌っているのです。それなのに、ましてや歌のあまり得意でない音痴の人が、歌ったこともない歌を人前でいきなり上手に歌えるはずはありません。これも、勘違いしている音痴の人が多いポイントです。

自分が歌える歌を知り、選曲ミスをしないことも、音痴の人にとっては大切なことです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】