音痴 脳

脳の問題からくる音痴とはどのようなメカニズムなのか?

音痴はトレーニング次第で改善することが可能です。しかし、現代の医学や科学をもってしても、改善することが難しいといわれている音痴があります。それが、音楽に関する脳に機能障害があることによって引き起こされる音痴です。

では、脳の問題からくる音痴とはいったいどのようなメカニズムで引き起こされるのでしょうか。

脳には音楽中枢と呼ばれている部分があります。まだまだ謎も多い脳のことですが、右利きの人の場合には、左脳に言語を司る言語中枢があり、右脳には芸術などを司る脳があると考えられています。その右脳の中に、音楽に関する音楽中枢もあると考えられているのです。音楽中枢とは、歌を歌う時、音楽を聞く時など音楽をコントロールする時に使われます。音痴の人の中には、この音楽中枢に発育障害や機能障害がある場合があるというわけです。

音楽を歌ったり、聴いたり、それをコントロールする脳そのものの問題ですので、聞いた音楽を正しく脳が認識することも、正しく歌わせることも、脳が正しくコントロールすることができないために音痴になってしまうと考えられます。

脳梗塞などの疾患によって脳に障害を負った場合、例えば言語中枢にダメージが残れば、言葉が一切でなくなる失語状態になってしまうことがあります。失語状態の人は言葉を発することは一切できなくても、歌であれば歌うことができるという人がいます。これは、言語中枢と音楽中枢が左右別々の脳にあるためです。言葉を話したり聞いたりする脳と、音楽を聴いたり歌ったりする脳は別々の脳を使っています。そのため、音楽中枢の機能障害があったとしても、話をしたり聞いたりという日常生活に不自由はありませんので、普通に日常生活を送っていて、脳に発育不全や機能障害があることには気が付かないという人もいます。

脳の音楽中枢にそのような問題が起こるのは、遺伝であるという説もありますが、実際には現在でもはっきりとした理由は分かっていません。

音痴は治ると言ってきたのですが、この脳の音楽中枢の機能障害については、残念ながら今のところ打つ手はないのが現状です。しかし、この分野の研究は続けられていますので、機能障害が起こってしまう原因が突き止められて、治療法が発見される日もいずれ来るものと思っています。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】