音痴 喉

喉が痛くて声量がでない音痴は改善できるでしょうか?

音痴だという人たちに話しを聞いていると、歌を歌うと喉が痛くて声量がでない、声がかすれてしまう、声量不足やかすれで音程がコントロールできない、すぐに咳き込んでしまって上手に歌が歌えないという人たちがいます。これは喉に問題があるためで、自分の喉は歌を歌えない喉だと考えてしまう人もいるようなのですが、多くの場合問題は喉ではなく発声方法にあります。

喉に負担をかけない正しい発声方法は、喉を開くことが大切になります。 喉が開いていない状態で、無理に声を出そうとすると、声帯に負担がかかり喉を痛めてしまう可能性があるからです。しかし、初心者や歌に慣れていない人は、声を出そうとするあまり、喉をしめて声帯に負担がかかるような方法で発声をしがちで、それによって喉に痛みを生じやすいのです。

喉を開いた状態とは、割り箸を使ったトレーニングを紹介していますので、どちらのトレーニング方法を参照していただくと分かりやすいと思います。また、他の方法としては、あくびをする時ののどの状態を思い出してみてください。ボイストレーニングで発声練習をしているとあくびが実際に出てしまう人もいるのですが、あくびをしている常態は、喉が最高に開いている状態です。あくびの状態を思い出しながら喉を開いて発声をすることをこころがけるようにしてください。

喉を開けば発声も綺麗になり、声量も出やすくなります。反対に喉を閉めた状態で無理に発声を続ければ、声が出なくなってしまったり、咽喉周辺に激しい痛みが生じる場合もありますので注意が必要です。

喉の痛みの原因はほとんどが発声方法によるものと述べましたが、喉自体の問題が原因になっている可能性がないわけではありません。声帯結節や咽頭の神経麻痺、最悪の場合には喉頭がんが原因になって喉の痛みや声のかすれを生じている可能性もゼロではありません。

また、声帯に負担をかけ続けることで発症してしまう症状もあります。声帯への刺激や炎症が原因になってできる声帯ポリープが代表的なものです。一時発声を辞めて安静にすれば自然に治ることもありますが、手術で切除しなければ治らないということもあります。腹部に力が入る状態が続くことで、逆流性食道炎の気があった人の症状が悪化するというケースもあるようです。逆流性食道炎では胃から胃酸が逆流してくることから、逆流した胃酸によって喉が焼かれ、炎症を起こしたり、逆流した胃酸を気管に吸い込むことでむせてしまうことがあります。

喉の痛みが原因で上手に歌が歌えない人は、まずは発声がよくないことを疑って改善していけば、音痴も改善する可能性が高いと考えますが、喉の強い痛みや長期間続く声のかすれを感じるようであれば、耳鼻咽喉科を受診することも必要です。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】