音痴 直し方

音痴の直し方のポイントは、集中して音を聞くことにある

音痴の直し方は、ともかく音に慣れるためのトレーニングをするということです。その過程で重要になるのが、集中力と集中して音を聞くということにあります。

音痴の人の中には、音に対しての集中力のない人がたくさんいます。音やリズム、テンポをしっかりと集中して聞くということにまず慣れておらず、たった今聞いた音と同じ音を発声することができなかったり、リズムやテンポをなんとなく捉えてしまいがちになるのです。音楽を、メロディーがありリズムがあるというような聞き方をする習慣がないと言ってもいいかもしれません。

音楽に対する、音感、リズム感を洗練させていくためにも、まずはじめたいことは集中力をもって音楽を聞くことなのです。

音痴の人が、クリアしなければならないポイントは、音程、リズム、テンポの3つにあると思ってください。まずは、それを正しく聞くこと、そして頭に入れることができるようになることが大切です。歌うことができるようになる前段階で、「聞く」ということがとても大切なのです。

音痴の人は音楽を漠然と捉えていて、曲をメロディーとリズムとテンポというようには捉えていません。まずこの問題をクリアし、聞くことができるようにならなければ、歌うこともできません。聞きながら身体のどこかを動かしてリズムをとるようにしてもいいでしょう。ともかく、音楽が歌以外にもリズムなどによって出来ていることを体にしみこませます。音程、リズム、テンポなど、音に意識を向けて聞きましょう。これが音痴の直し方の第一歩です。

はじめはとても集中力がいることですが、慣れてくればそれが自然にできるようになります。この聞くという作業に慣れてから、いよいよ歌うという段階に移ることができます。正しい音、リズム、テンポが頭にはいるようになってはじめて、それを発声するという、歌の訓練ができるようになるのです。

歌を歌うことはダーツをするようなものです。的があって、その的の狙った場所をめがけて矢をすっと放つのと同じように、狙った音をめがけて声をすっと発声します。はじめは慣れずに的をはずしてしまうこともありますが、繰り返し練習していくうちに、的に当たるようになっていくでしょう。的に当てるようにするための練習法は色々ありますが、音痴の直し方とは、そういうことなのです。

ただ、的がどこにあるか分からなければ、練習をしても矢は当たりません。まずは聞き、音やリズムを頭に入れることに慣れなくてはならない理由はここにあるのです。

聞くことは、今すぐにでもはじめられる手軽な音痴の直し方です。集中して音をきき、リズムに合わせて体をゆらしてみてください。音痴は直りますし、あなたも歌を歌うことの楽しさを感じられるようになるはずです。

なんとなく聞くということを辞めて、すぐにはじめられる「集中して聞く」トレーニングを今日からでもスタートさせてみてください。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】