音痴 治る

自宅でできる音痴改善トレーニング。割り箸二膳で音痴は治る!!

音痴は治したい、けれどもレッスンに通うようなお金や時間がないという人もいると思います。また、できれば自分一人でこっそり音痴改善のトレーニングをしたいと考えている人もいると思います。そんな人のために、自宅でも簡単にできる有名な音痴改善トレーニング方法をご紹介します。用意していただくのは割っていない割り箸二膳、これだけです。

このトレーニングは、音痴矯正法として非常に有名なものの一つです。ボイストレーニングの第一人者であるある著名な先生が考案したもので、スクールに通わなくても自宅でできるトレーニングとして、音痴の人の間でも大変人気のある方法なのです。テレビや雑誌などでも何度も取り上げられている方法ですので、目にした記憶があるという人も多いかもしれませんね。割り箸なんかで本当に音痴が治るのかと思うかもしれませんが、正しく行なえば、音痴矯正に関してかなり即効性があることが、多くの体験者によって証明されている方法です。

割り箸を使った音痴矯正トレーニングの方法を具体的にご紹介します。

まず、二膳の割り箸を割らないままの状態で用意します。用意した割り箸を縦にし、左右の奥歯で軽く噛みます。その状態で「あー」っと発声をして見ましょう。次に、割り箸を外して、何もない状態で同じように「あー」っと声を出します。割り箸をくわえていない時と、くわえている時では声の発声が違うことが感じられると思います。再び、割り箸を使って「あー」っと声を出し、また割り箸を外して「あー」っと声を出します。これを繰り返して行いましょう。

このトレーニングで、なぜ音痴が改善できるのかというと、それは割り箸をくわえた状態では、のどが開いた状態となるため、のどを開いて発声ができる点にポイントがあります。音痴の人にのどを開いて歌えと言っても、のどを開くという感覚そのものが分からないという人も多いと思うのですが、この方法で発声を繰りかえすことで、のどを開いて発声をすることが身につくのです。

のどを開いて発声をすることを繰り返せば、のどの筋肉をコントロールするトレーニングになり、音程をコントロールする筋肉も鍛えることができます。

上手に歌を歌う方法は、喉を開く、音程を喉の筋肉でコントロールするといっても、素人には分かりにくいことばかりです。それを身近な道具を使って分かりやすく体感できますので、歌を上手に歌うコツもつかみやすいと思います。

割り箸を二膳くわえるというのは、ちょっと恥ずかしい姿になりますが、自宅でできれば恥ずかしさも気にならないと思います。さっそく割り箸を二膳用意して、トレーニングをしてみてください。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】