音痴 歌手

音痴な歌手だっています。音痴克服のコツは表現力を磨くこと

音痴をどう定義するかにもよりますが、歌手として活躍をしている人の仲にも音痴はいます。

音痴の辞書的な意味が「生理的欠陥によって正しい音の認識と発声のできないこと。また、音程や調子が外れて歌を正確にうたえないこと。」というのは別の項目でも説明したことがありますが、前者はともかくとして後者の中には歌手として有名になっている人だっているのです。

CD音源などではよくても生で歌っていると調子が外れてしまったり、リズム感がなかったり、正しい音程をキープできなかったり、音域が決して広くないという歌手もいます。逆に、いつでも調子を外すこともなく、リズム感も音感もよく、音域も広いというように全てが揃った歌手という方が少ないと言ってもいいかもしれません。

それでも、調子っぱずれになってしまっても、リズム感が多少おかしくても、ファンに愛されて活躍している歌手はたくさんいます。あまり歌が上手くない歌手と言われてぱっと頭に浮かぶ人が、あなたにも一人くらいはいるのではないでしょうか。

こうした音痴歌手の中には、例えば歌以外のところで人気を集めて、結果歌も売れているという人もいますが、単純に歌への評価だけで人気を集めている人だっています。では、音痴な人の歌が人気を集める理由は何でしょうか。それが表現力なのです。

何も音楽のテストをしてるわけではありませんので多少音が外れたって、リズムが狂ったって構わないのですが、音痴の人は自分の音痴を気にするあまりに、音程やリズムにばかり気を取られすぎている場合があります。

音痴を改善するトレーニング方法として、音程やリズムを意識することということをご紹介したことがありますが、トレーニングと、実際に歌を歌う時の表現は別のものだと思ってください。トレーニングはトレーニング、歌を歌う時の表現は表現です。自分らしく表現をする時には、多少の音程のズレやリズムの狂いは愛嬌のうちということもあります。

歌手の中にも、歌は申し分なく上手いのになぜか印象に残らないという人がいることがあります。聞いていても、教科書通りという感じでさらっと頭を通り抜けていってしまうのです。一方で、どう聞いても歌は上手くないのに、忘れられないくらいの印象を残す歌手もいます。歌は、うまければいいというものではないのです。

音域が狭いなら、極力自分の音域の中で歌える曲を探し、リズムに弱いならリズムがあまり複雑でない曲を選ぶっという工夫は必要ですし、実際に音痴歌手の人たちもそのように自分の弱点をカバーする楽曲を選んでリリースしているわけですが、それをどう表現できるかは、音痴の人でもそうでない人でも同じことです。

多少歌に自信がなくても表現力しだいてはあなたも歌手にだってなれるかもしれないのです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】