音痴 カラオケ

苦手意識克服。音痴の人がカラオケを恐れずに済む方法はこれ

歌に自信がない人にとって、カラオケに行くことは楽しくないどころか、苦痛だという話しを耳にすることがあります。確かに私の友人にも、カラオケなんて大嫌い、カラオケに誘われるのが嫌で飲み会にも行かないと徹底してカラオケを嫌っている人がいます。歌うのが嫌いなら歌わないで聞いていればいいじゃないと言われても、お金を払って人の歌なんか聞いていても楽しくないし、行けば絶対歌えと言われるから嫌だと、その友人はいつも言っています。

確かに、カラオケを少しも楽しいと思わなければ行かなければいいという考え方もありますし、私の友人のようにそれを貫けるならばいいと思うのです。何もカラオケに行かなくたって死にはしないんだからと思う人もいるでしょう。

しかし、カラオケは現代では一つのコミュニケーションツールにもなっていますので、接待や友人付き合いなどで、カラオケに行かざるをえないという立場の人もいることと思います。そんな場面でまで、頑なにカラオケを拒否していては、仕事や人間関係に支障がでてしまうということもありますね。

では、歌が苦手な人、つまり音痴な人がカラオケを楽しむためにはどうしたらいいのでしょうか。楽しめないながらも、苦手意識を克服し、カラオケを恐れることなく挑めるようにするにはどうするのがいいでしょう。

それは、自分が歌える歌を知ることです。音痴な人は、音やリズムに対して疎いというか不慣れなケースが多いため、曲の難易度を正確に測れていないことがあります。好きな歌と、歌える歌は違うのです。

いくつかの場面に合わせて使い分けられる、この曲ならなんとか歌えるという曲は、3曲から5曲くらい持っておくと、カラオケで歌えといわれたような時でも慌てずに済みます。
自分が歌える歌を知るためにも、いざという時のために日ごろから気兼ねしない仲間などとカラオケにいってみるといいでしょう。それで、簡単な歌と難しい歌、それから自分の音域に会う歌を知ることができます。

お風呂で一人で鼻歌を歌っている時は歌えるのに、カラオケだとどうして歌えないのか?というようなことを言う人がいます。お風呂で歌っている時には自分に好きな音程で、好きなリズムていわば好き勝手に歌っているので歌えても、カラオケとなればもちろんバックミュージックがありますから、それに合わせた音程で歌わなければなず上手に歌えないのです。しかしこれは逆に言えば、音程が合う曲を見つければ、歌に苦手意識のあるあなたでもそれなりに歌えるということでもあるのです。

もう一ついえるのは、音痴の人が心配しているほど、人は人の歌を聞いていないということです。カラオケはみんなで楽しむものですが、多くの人はあなたが思っているほどに人の歌を熱心には聞いていません。ですから、歌が苦手であっても多少難のある歌でも、人は案外気にしていないものなのです。リラックスしてカラオケを克服してください。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】