音痴 確認

自分が音痴なのかどうかを確認するにはどうしたらいいでしょう?

自分は音痴なのではないかと不安に思っている人は多いようです。治すことの難しい音痴というのは極少数で、ほとんどの人は例え今、音程が取れない、リズムが取れないなど音痴の状態であったとしても、トレーニング次第で治すことができます。でも、そのトレーニングを行うためにも、まずは自分が今音痴の状態にあるかどうかを知っておきたいですよね。

難しいことを抜きにして、簡単に自分が音痴の状態かと見分けるには歌ってみることが一番です。そして、その歌を録音して聞いてみましょう。今は携帯電話などでも簡単に音の録音ができるようになっていますので、比較的手軽に行えると思います。その時に大切なのは、アカペラで歌うのではなくちゃんとカラオケのような伴奏に合わせて歌うことです。

そして、録音した音を確認するポイントは、伴奏に音程とリズムが合っているかということです。歌っていた時には合っていたつもりだったのに、聞いてみたらあっていないという人、そもそも音程やリズムがあっているのかを自分で判定できないという人は、少なくとも現状は音痴の状態にあると思って言いと思います。

そして、歌っている時にも音程やリズムが合っていないと感じており、後から聞いてもやはり合っていないという人もまた音痴の状態にあります。

前者と後者では、音痴の原因に差があります。前者は、音を聞くことに問題のある音痴、後者は音を発することに問題のある音痴の可能性が高いです。

ただし、音を聞くことに問題のある音痴の場合、音程があっているのかを自分で判定できず、自分がそれを判定できていないことを自覚できないというケースもあります。これは、耳や脳など生理的機能に問題がある音痴である場合もあれば、音を聞くということが極端に苦手な重症音痴の可能性もあります。この場合には、自分で音痴の判定をすることは難しく、人に指摘されなければ気が付かない場合もあります。そのため、確実に音痴の確認をしたいと思うのであれば、第三者に確認してもらうのが一番です。

第三者に確認をしてもらう場合には、確認をしてくれる人が音痴ではないことが必要なのと決してお世辞で誤魔化さないような人に頼むことが必要です。音痴の矯正を行っているスクールやボイストレーニングの教室などもありますので、そういったところで一度でもレッスンに参加してみるという方法もあります。

音を発することも問題のある音痴の場合には、耳では正しい音を感じ理解できているわけですから比較的克服しやすい音痴の状態と考えていいと思います。歌を歌うことは、スポーツと同じく練習が必要なものです。例えば野球する時、練習すれば誰でもプロ野球選手になれるわけではありませんが、練習すればしただけ上達していくように、歌だって同じなのです。練習して誰もがプロ級になれるわけではなく個人差はありますが、練習すれば上達することは間違いないのです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】