音痴 原因

本当の意味での音痴は、音痴と思っている人の極少数。音痴の原因は?

自分は音痴だと思っている人は、世の中にたくさんいます。しかし、そう思う人の中で、本当に音痴な人は極少数しかいません。多くの人は、歌うことに慣れていない、音やリズムに慣れていないというだけで音痴ではありません。では、本当の音痴とはどういうことなのでしょうか。それを説明するため、人が音痴になってしまう原因から見ていきたいと思います。

辞書を使って、音痴を調べてみるとこんな意味が出てきます。

「生理的欠陥によって正しい音の認識と発声のできないこと。また、音程や調子が外れて歌を正確にうたえないこと。」

生理的欠陥による音痴とは、耳や脳の正しい音を認識する機能に問題がある場合におこります。どんなに歌が上手い人でも、耳を塞いで自分の声が聞こえない状態で歌を歌わせれば、正しい音程で歌を歌うのは大変難しいように、人は自分の発した声を耳で聞き、脳で認識しながら音のバランスを取っています。その、耳や脳が正しい音を認識できない状態にあれば、当然発する音にも狂いが生じてしまうということです。また、耳や脳には問題がなくても、声帯などの障害により、発したいと思った音を発することが困難で正しい音で歌うことができないという人もいます。これらのケースの場合には、トレーニングや練習で音痴を解消することは難しく、問題となっているところの治療を行うことが必要になります。しかし、治療は困難な場合も多く、どうしても正しい音の認識と発声ができないという人も多いため、生理的欠陥による音痴を真性音痴と呼ぶこともあります。

一方で、そうした生理的欠陥が何もないにも関わらず、音程や調子が外れて歌を正確に歌えない人がいます。こうした人たちは、実は本当の意味での音痴ではなく、改善が期待できることから真性音痴に対して仮性音痴と言われることもあります。自分が音痴だと思っている人の多くはこの仮性音痴にあたるのです。

仮性音痴の原因は、音、リズム、テンポといった音楽全般に不慣れであることです。音感、リズム感などといわれるものですが、これらは生まれつき個人差があるものではありません。絶対音感のような音感を持っている人は少数ですが、そういった特殊な人ではなくても、私達は誰でも体の中に音感やリズム感を持っています。そして、この音感やリズム感は幼少期の生育環境などにも影響を受けて、後天的に備わっていくものなのです。

音楽に触れる機会が少なかったり、家族の中に音感やリズム感がずれている人がいると、その影響を受けて音感やリズム感が未熟になってしまいます。そして、歌を歌っても音程や調子が外れてしまうという具合になるわけです。

仮性音痴の場合、音楽に未熟なことが音痴の原因です。しかし、この場合は練習やトレーニングをすることで多くの人は克服することがでます。つまり、本当の意味での音痴とは、自分は音痴だと思っている人も極少数しかいないということなのです。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】