音痴 腹式呼吸

プロの呼吸法を盗む。腹式呼吸で音痴を解消しよう

音痴を克服する方法として一番効果的な方法の1つに腹式呼吸があります。日本人(の特に女性)は8割の人が普段胸式呼吸という、胸で呼吸をしているといわれており、それが歌を歌うときに迫力ある声が出ない1つの理由です。腹式呼吸とはなんなのでしょうか?歌を歌うときだけではなく、はっきりと聞こえやすい声で話す必要のある職業、例えば、俳優、先生、アナウンサー、TVリポーターなどもこの腹式呼吸を必ず練習します。

普段あなたが胸式呼吸をしているか腹式呼吸をしているか調べるのはさほど難しいことではありません。まずはなにも考えずに大きく息を吸って、吐いてみてください。それをしたときに肩が上がり下がりするあなたは胸式呼吸をしています。では、どうしたら腹式呼吸をマスターできるのでしょうか?

ここでは私が数年前に参加したいい声で話すセミナーで教わり、実際に効果があった方法をご紹介します。お腹のおへそのすこし上あたりに手を当てて一度息を吐ききります。そのあとで、今へこんだ部分を意識しながらそこへ空気をためるような感覚で息をすうのです。この呼吸を身につけるのはなかなか大変ですが、オペラ歌手などになると背中にまで呼吸がはいるのだといいます。もちろん、素人がここまで体感するのは難しいのですが、お腹で息をする感覚を掴むことはそう難しいものではありません。

と、いいますのも私達は横になっている状態では必ず腹式呼吸をしています。もし感覚が分かりずらい人は寝転がって呼吸をしてみて、その状態で歌を歌ってみることをオススメします。よくアナウンサーやお笑い芸人の音痴な人を矯正する番組で、マットの上に仰向けにされているシーンをみかけるのはこのためです。

それでは腹式呼吸を身につけるのは難しいことなのでしょうか?結論から言うとそれはNOです。コツさえ掴めば特別な指導も必要ありませんし、練習の機会は日常に多くあります。(何しろ話す、という行為は毎日されているわけですから、特別な時間を取る必要もないというわけです)

お腹に手をあてて腹式呼吸を探る以外に腹式呼吸を身につける方法としては、カラオケBOXなどでマイクに向かって声を実際に入れてみることです。普段よりも数倍声が通ることが実感でき、これによって歌を歌うことにもっていたコンプレックスがいっきに解消されたということもよくある話しです。

コツとしては、吸い込んだ息を全て声に帰るつもりで、一度息を止めてから発声すると分かりやすいです。また腹式呼吸はお腹の筋肉で音の量を調整できるため、より細かな音程調整ができるようになるという効果も望めます。

自分は音痴かも知れないと悩んでいる人の中にも実は音程は取れているのにいい声がだせていないだけという人も多くいます。その場合、この腹式呼吸によって9割型解決してしまうというケースもあります。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】