ビブラート 音痴

ビブラートを使いこなす

ビブラートとは声をある音程の中で震わせることですが、聴いていればやさしそうでも実際に自分で歌おうとすると案外難しいものです。
また、演歌のコブシもビブラートの一種ですが、これが上手な人は喉が柔らかいと言われます。
しかし、多くの人の中には逆に歌おうとすると自然にビブラートがついてしまう人が居ます。
いわゆる震え声ですが、こういう人はビブラートをつけないで歌おうとするととても苦労するのです。
このように最初から最後まで歌声にビブラートがかかってしまうのは考え物ですが、歌っているところどころでビブラートを使うのは歌をうまく聴かせるコツでもあります。
ビブラートを声につける発声法は、横隔膜を震わす要領で練習することで、喉(声帯)を震わせるようなものではありません。
お腹を震わせるような感覚で発声する練習を繰り返していれば段々とビブラートがついてくるでしょうから、それを止めたりするようにすればビブラートを自由自在につけることができるでしょう。基本的な繰り返しですが、ビブラートは横隔膜を震わせてつけるように工夫してください。
演歌のコブシなどでは喉の声帯をコントロールしますが、これはほんの一瞬のビブラートで、長く伸ばす音にビブラートをかけるのは横隔膜を震わすようにしなければなりません。

音痴がたったの7日間で直る!?

音痴を直す方法

7日間で音痴解消!!

コレです。コレのおかげで私の音痴は解消されて、「もうカラオケなんて怖くない!」と自分に自信を持つことが出来ました。 あの有名なボイストレーナーさんがレッスンしてくれるんで、楽しく直せます!

【 ⇒詳細はコチラから 】